マンガ一覧

【トレース~科捜研の男~原作】トレース 科捜研法医研究員の追想 3巻 感想 ネタバレ あらすじ

トレース 科捜研法医研究員の追想 3巻のネタバレありの感想になります。今巻は大きくメインストーリーが動きました。23年前の事件の要因と思われる内容が詳細に描かれましたし、真犯人と目される3人ん人物がすべて登場しています。特に23年前の事件の要因と思われる内容は悪意の塊であり読んでいて不快感を覚えましたよ。この悪意あふれる事件を一刻も早く真野礼二の手によって終止符を打ってほしいとの想いになりました。

【トレース~科捜研の男~原作】トレース 科捜研法医研究員の追想 2巻 感想 ネタバレ あらすじ

トレース 科捜研法医研究員の追想 2巻のネタバレありの感想になります。1巻と同様に真野礼二が証拠物品を鑑定し、客観的事実から事件の真実を洗い出していきます。個々の事件で被害者が残した痕跡から被害者と被疑者の人間模様を描くところが良くできていて切なくなりました。またメインストーリーの事件の方も新情報の提示や新たに事件にかかわる関係者が出てきたりと興味深い内容になっています。

【トレース~科捜研の男~原作】トレース 科捜研法医研究員の追想 1巻 感想 ネタバレ あらすじ

トレース 科捜研法医研究員の追想 1巻のネタバレありの感想になります。科学捜査研究所の法医研究員を主人公にした事件捜査のミステリー作品です。個々の事件の証拠品を鑑定し客観である真実を見つけ出し、被害者や被疑者の残した想いや人生を表していくところが魅力的です。物語全体のメインストーリーとして主人公の真野礼二に起きた「練馬一家殺人事件」という大事件を追っていく要素もあり、物語の結末が来なること間違いなしの作品です。

異世界おじさん 1巻 感想 ネタバレ あらすじ

異世界おじさん 1巻のネタバレありの感想になります。17年間の昏睡から目覚めたおじさんは異世界帰りだった。異世界でも残念だったおじさんが甥っ子と一緒に異世界と現実のギャップ、昏睡中に過ぎ去った時間とのギャップが上手くコメディになってます。あと表紙に描かれているヒロインはすんごい可愛いですが、相手はおじさんなので残念な結果で笑えますよ。

ゆうべはお楽しみでしたね 5巻 感想 ネタバレ あらすじ

ゆうべはお楽しみでしたね 5巻のネタバレありの感想になります。ルームシェアから同棲に友人から恋人にアップデートされた二人の関係が本当に甘々でニヤニヤ出来ますね。パウダーの転勤という大きな転機がおとずれましたが二人の仲をさらに進展させる結果に。離れていても仲のいい姿と、久々に直接会えた時の甘々な雰囲気が楽しめる素敵な内容です。

ゆうべはお楽しみでしたね 4巻 感想 ネタバレ あらすじ

ゆうべはお楽しみでしたね 4巻のネタバレありの感想になります。パウダーとゴロ―さんのルームシェアが解消されるのかどうかヤキモキしましたが、この作品らしい優しくまったりとした感じの落としどころになりましたね。今巻は色々とイベントが発生しますが、二人がより親密になるためには必要な外圧だったんだなって気がします。新しい関係になった二人の関係も楽しみです。

ゆうべはお楽しみでしたね 3巻 感想 ネタバレ あらすじ

ゆうべはお楽しみでしたね 3巻のネタバレありの感想になります。ドラクエ10内だけではなく現実世界でもゴロ―さんをお出かけに誘うためにチームメンバーに相談したり頑張るパウダー、パウダーが自分には相談していないことにむくれるゴロ―さんが見どころです。この2人のやり取りにニヤニヤすること間違いなしですよ。

ゆうべはお楽しみでしたね 2巻 感想 ネタバレ あらすじ

ゆうべはお楽しみでしたね 2巻のネタバレありの感想になります。パウダーとゴロ―さんのまったりとした雰囲気のルームシェア生活は変わらず楽しめます。ゴロ―さんへの気持ちが膨らみ、少しでもゴロ―さんに釣り合う男性になろうと前向きになるパウダーの姿が良かったです。ドラクエ10のチームオフに参加したり、七不思議を探してみたりとドラクエ10ネタも楽しめますよ。

ゆうべはお楽しみでしたね 1巻 感想 ネタバレ あらすじ

ゆうべはお楽しみでしたね 1巻のネタバレありの感想になります。男女のルームシェアから始まるラブコメですが、雰囲気が暖かくてとてもお勧めの漫画です。二人が知り合った切っ掛けであるドラクエ10の要素も多分にありますが、ドラクエ10未プレイの私でもラブコメ作品として楽しめましたしたよ。

ヲタクに恋は難しい 3巻 感想 ネタバレ あらすじ

ヲタクに恋は難しい 3巻のネタバレありの感想になります。宏嵩と成海のデートシーンは良かったですね。関係を変えたい宏嵩の気持ちと空回り。成海の気遣いと大人っぷりの対比が良かったですね。その他のエピソードも既刊が楽しめた人になら同じように楽しめるようになっていると思います。

スポンサーリンク
メタ情報
スポンサーリンク
メタ情報
スポンサーリンク