GA文庫一覧

ゴブリンスレイヤー 11巻 感想 ネタバレ あらすじ

ゴブリンスレイヤー 11巻 のネタバレありの感想になります。今回の舞台は砂漠です!砂漠の国に赴きいつもの様にゴブリンを倒すお話です。ですが、不慣れな砂漠という環境に苦労し頭目としての素質に悩むゴブスレさんの珍しい姿も見受けられます。女神官と女商人、そこに加わる妖精弓手のやりとりは華やかで賑やかで楽しめました。

ゴブリンスレイヤー 10巻 感想 ネタバレ あらすじ

ゴブリンスレイヤー 10巻 のネタバレありの感想になります。今回もゴブリンを退治するという作品の根幹は変わっていません。ですが、退治に至る過程が普段のゴブリンスレイヤーとは異なり新鮮な気持ちで楽しめました。入念な調査と準備で不意な危機を減らし運が介在する要素を失くすゴブリンスレイヤーにとって、意図が読めない陰謀を相手にするのは不得手に見えました。そんな不得手な分野を打破する一手は、ゴブリンすれや―さんらしい手法で面白さが増しているお勧めの内容です。

りゅうおうのおしごと! 10巻 感想 ネタバレ あらすじ

りゅうおうのおしごと! 10巻 のネタバレありの感想です。久々にあいちゃんが棋士としての輝きを放ってくれました。あいちゃんが持つ大いなる才能と、その才能を伸ばした八一の育成力に驚愕です。JS研の面々も天才とはいえませんが、一般人でも強い意志を持つことでの強さをみせてくれています。

天才王子の赤字国家再生術~そうだ、売国しよう~ 3巻 感想 ネタバレ あらすじ

天才王子の赤字国家再生術~そうだ、売国しよう~ 3巻のネタバレありの感想になります。今回の舞台は西方。西方側の諸国や宗教、権力者も描かれて世界観が広がっていきます。そして今回もウェインの策謀は冴えわたっていて読んでいて楽しめます。苛烈ともいえるウェインの行動には驚いたけど爽快感がありました。

我が驍勇にふるえよ天地 9巻 感想 ネタバレ あらすじ

我が驍勇にふるえよ天地 9巻 のネタバレありの感想になります。躍進著しいレオナート陣営に危機感を覚えた周辺国による対レオナート包囲網が結成される。三国による同時侵攻に対応するため、軍を分け各戦線にて防衛戦を行う。北方の強国ツァーラント帝国を相手にするのはかつてレオナートを苦しめたアドモフ帝国の最高の知将と勇将であった。

ゴブリンスレイヤー 9巻 感想 ネタバレ あらすじ

ゴブリンスレイヤー 9巻のネタバレありの感想になります。牛飼娘の配達を手伝うゴブスレさんを襲撃するゴブリンの群れ。仲間たちが不在の中、ゴブリンスレイヤーは牛飼娘を守り窮地を脱出することが出来るのかという緊迫した内容になります。一方、ゴブリンスレイヤー不在の一党は雪山で真っ当に冒険をすることになるが、リーダーの不在を補い仲間を率いる女神官の活躍も見どころのゴブリンスレイヤー新刊の感想になります。

ゴブリンスレイヤー外伝:イヤーワン 2巻 感想 ネタバレ あらすじ

ゴブリンスレイヤー外伝:イヤーワン 2巻 のネタバレありの感想になります。ゴブリンの巣で拾った指輪をきっかけに知り合った孤電の術士とゴブリンスレイヤーさんが良いコンビと言いますか信頼関係が見られて楽しめました。またゴブリンスレイヤーさん周囲の人々の昔の姿や、牛飼い娘とゴブリンスレイヤーさんが距離を縮めるキッカケなども描かれていて本編が好きな人ならば面白く感じる外伝作品であると思います。

ゴブリンスレイヤー 8巻 感想 ネタバレ あらすじ

ゴブリンスレイヤー 8巻のネタバレありの感想になります。剣の乙女を護衛して王都へ出向くゴブリンスレイヤーさん一行。ゴブリンスレイヤーさんの活躍の場は大きくなっていきますが、それでもこれまで通り淡々とゴブリンを殺す姿に安心感を覚えますね。世界を救う勇者ではありませんが、ゴブリンに苦しめられる人たちの救世主であるゴブスレさんのままでいて欲しいです。

天才王子の赤字国家再生術~そうだ、売国しよう~ 2巻 感想 ネタバレ あらすじ

天才王子の赤字国家再生術~そうだ、売国しよう~ 2巻のネタバレありの感想になります。ウェインに降って湧いた帝国第二皇女との政略結婚話。強大な帝国から弱小国であるナトラ王国への降嫁が単純な政略の訳がなく、騒動に巻き込まれるウェインとニニムの主従が振り回されながらも主導権を奪い返していく流れが面白かったですね。

ゴブリンスレイヤー 6巻 感想 ネタバレ あらすじ

ゴブリンスレイヤー 6巻のネタバレありの感想になります。ゴブリンだけを退治しようとする少年魔術師。ゴブリンスレイヤーにも似た存在である少年魔術師の成長と、彼の成長を不器用ながらも助けるゴブリンスレイヤーさんの優しさが楽しめる内容です。似た境遇ながらも進むべき道の違いが印象深かったです。

スポンサーリンク
メタ情報
スポンサーリンク
メタ情報
スポンサーリンク