GCノベルズ一覧

転生したらスライムだった件 12巻 感想 ネタバレ あらすじ

転生したらスライムだった件 12巻 のネタバレありの感想になります。東方一大強国である帝国と戦う『東の帝国編』の開幕巻です。今巻では帝国との戦いに至るまでを描く説明回と言った感じですね。今回から登場した帝国の強者たちと、リムルとテンペストの面々がどのように戦うのか興味が湧いてくる内容となっています。

転生したらスライムだった件 11巻 感想 ネタバレ あらすじ

転生したらスライムだった件 11巻 のネタバレありの感想になります。西方諸国編の完結編と言えますね。これまで数々の陰謀や妨害を行ってきたロッゾ一族との決着を迎えます。まさかこんなにもグランベルが強いとは思わなかっただけに、緊迫感がありました。次巻から始まる帝国編も楽しみに思える内容ですね。

転生したらスライムだった件 10巻 感想 ネタバレ あらすじ

転生したらスライムだった件 10巻 のネタバレありの感想になります。テンペスト開国祭も無事終わり、リムルの次なる目標は西方諸国評議会への加入ですが、加入を妨害する黒幕の影が。西方諸国評議会を裏から牛耳るマリアベルとの戦いは一筋縄ではいかず、ユウキとも戦うことに。西方での戦いがクライマックスに向かう展開が楽しめます。

転生したらスライムだった件 9巻 感想 ネタバレ あらすじ

転生したらスライムだった件 9巻 のネタバレありの感想になります。テンペスト開国祭がついに開催です。祭りの名にふさわしい賑やかなイベントの数々を楽しむことが出来ます。テンペストの各キャラクターの活躍も楽しいのですが、本巻の白眉は勇者マサユキくんです。マサユキくんのことが大好きになったので今後も活躍してほしいな。

転生したらスライムだった件 8巻 感想 ネタバレ あらすじ

転生したらスライムだった件 8巻のネタバレありの感想になります。坂口日向との誤解もとけ和解に成功したリムルの次の目標は、テンペスト開国祭です。祭りに向けてリムルとテンペストの住民たちが楽しみながら準備を行います。武闘大会や地下迷宮作成と面白くなる要素満載でリムル達だけではなく、読者の気分も高まること請け合いの内容です。

転生したらスライムだった件 7巻 感想 ネタバレ あらすじ

転生したらスライムだった件 7巻のネタバレありの感想になります。クレイマンを打倒し、“八星魔王”の一柱になったリムルの次の目的は、ファルムス王国の傀儡化と坂口日向との和解です。どちらの目的も達成できるかと思われましたが、その目的を妨害しようと暗躍する不審者の影が。坂口日向との戦いは激闘ではありますが、その中に爽やかな雰囲気を感じる一戦でありますね。

転生したらスライムだった件 6巻 感想 ネタバレ あらすじ

転生したらスライムだった件 6巻 のネタバレありの感想になります。遂にクレイマン戦が決着です。これまで数々の敵対行為を企ててきた相手を倒し、リムルが魔王として認められる時が来ました。魔王たちの集いに乗り込むリムルと、クレイマンの軍勢を打破に向かうベニマルを始めとした仲間たちの戦いに興奮する一冊です。

転生したらスライムだった件 5巻 感想 ネタバレ あらすじ

転生したらスライムだった件 5巻 のネタバレありの感想になります。前巻クライマックスの気になる引き。その続きを読めることに喜びを感じますね。リムルに危機が訪れたのと同じ時期にテンペストに襲い掛かる悪辣な謀略、その謀略に傷つくテンペスト住民たち。リムルと仲間たちは窮地を脱して悪辣な敵に反撃できるのか?めちゃくちゃに面白い内容ですよ。

転生したらスライムだった件 4巻 感想 ネタバレ あらすじ

転生したらスライムだった件 4巻 のネタバレありの感想になります。今巻はテンペストの内政とリムルの冒険者登録と学園の教師になるとエピソードが目白押しです。それぞれのエピソードは皆興味深く面白かったのですが、一番気になったのはクライマックスの戦闘シーンですね。これまでで一番のピンチをリムルは切り抜けることは出来るのだろうか?

転生したらスライムだった件 3巻 感想 ネタバレ あらすじ

転生したらスライムだった件 3巻 のネタバレありの感想になります。読むのを再開したら面白さのあまり一気に読み進めてしまいましたよ。この3巻では魔王ミリアが目立っていましたね。リムルの強さも普通と比較すれば破格なのですが、そのリムルを圧倒する強さを持つミリムの恐ろしさと可愛さが見どころですね。ちなみにリムルとミリムって名前にすぎやね。

スポンサーリンク
メタ情報
スポンサーリンク
メタ情報
スポンサーリンク