賢者の孫 1巻 常識破りの新入生 感想 ネタバレ あらすじ

賢者の孫 1巻 常識破りの新入生』のネタバレありの感想になります。

ネタバレありの感想になりますが、ネタバレありの感想になる前に注意書きをおいてあります。

ですので、未読の方やネタバレを見たくない方でも、そこまでは読んでいただいても大丈夫なはずです。

あらすじ

《規格外》主人公の型破り異世界ファンタジーライフが今始まる!

事故で死んだはずの青年が、赤ん坊の姿で異世界に転生!
そして救国の英雄「賢者」マーリン・ウォルフォードに拾われた彼は、シンと名付けられる。
孫として育てられたシンはマーリンの技術を吸収し、驚くべき力を習得するのだが、
十五歳となった時に祖父【マーリン】は言った「常識を教えるの忘れとった」!
かくして常識と友達を得るためアールスハイド高等魔法学院に入学するシンだったが――。
《規格外》な少年の型破り異世界ファンタジーライフ、ここに開幕!!

ネタバレなしの感想

2015年から刊行されている『賢者の孫』シリーズの感想です。

今巻『賢者の孫 1巻』の内容ですが、シリーズの1巻ということもあり、主人公シン=ウォルフォードの凄さを説明する描写と、シンの育ての親マーリンを始めとする周囲の親たちの説明と、魔法学校で知り合う友人たちの説明、これから敵対するであろう悪役の顔見せという部分がメインです。

今後、シリーズ展開するにあたり必要な部分の描写はしっかりと提示されていると思います。

本作のストロングポイントは、やはりシンの桁違いの力とその力を用いた無双っぷりという事でしょうね。

シンの育ての親であるマーリンも賢者と称えられる英雄ですが、シンの実力はそんなマーリンを凌駕する桁違いのものがあるように描かれています。

そんな桁違いの力を持つシンが無自覚に力をふるい、そのことで周囲が振り回されたり、周囲から称賛されるというのが作中のよくある流れです。

転生後の異世界は、シンが気分よく無双するために用意された世界なんじゃないかなと思ってしまうほど都合のいい状況と人々が揃っていますね。

なので深く考えずシンの無双っぷりと、シンの起こす騒動を素直に楽しむのが本作を楽しむコツだと思います。

主人公のシンは、賢者マーリンを始めとした各分野のトップクラスの実力者から直々に鍛えられたことにあります。

教われば教わった分以上に成長しているようで、魔法も格闘技も剣技もなんでも完璧な実力を身につけているところは、本当に主人公とはいえ自重なしの成長力です。

なんというか『賢者の孫 1巻』時点で既に「もう全部あいつ一人でいいんじゃないかな」というほどの実力を身につけていますし、実際に1巻ではシンの活躍で全てが解決してしまった感がありますね。

こんな桁違いの強さを持つ主人公シンを苦戦させる敵とか出てくるんだろうか?

またシンはこの世界にはなかった常識外の魔法(空間転移、光学迷彩など)を独自開発するバランスブレイカーともいえますので、今後シンの行動が原因で世界が変わっていく気がします。

ただ、そんな凄い能力を持ったシンなのですが、彼自身は何をしたいのかという目的や意思を感じられないのが気になるります。

世界や人々がシンを活躍されるために用意された設定だとすれば、シンの存在は称賛を受けるために存在するだけの人物にも思えるのですよね。

シン自身の想いや行動がみえにくいので、彼の心理描写が軽く見えてしまいます。

ヒロインであるシシリーには好意を抱いているようですので、その感情をもっと前面に押し出して行動の原動力にして貰えば少しは違うのかな?

今巻では国家規模の危険がある敵との邂逅を果たしましたので、当面はその敵の巻き起こす騒動を解決するというのがメインストーリーになるのかな

そしてその敵が起こす騒動とは別に、この異世界の常識を無視したシンが起こす騒動とその騒動の影響で変化する人々や世界も見られるはずです。

その騒動を多々あるであろう突っ込みどころは無視して楽しんでいきたいと思います。

ネタバレありの感想

ここから下は『賢者の孫 1巻 常識破りの新入生』のネタバレありの感想になります。

未読の方やネタバレを見たくない方は、ここで引き返すことを推奨いたします。

今巻の突っ込みどころ

ネタバレなしの感想にも書きましたが、本作を楽しむためには明らかに突っ込みたいポイントをスルーする能力が求められます。

賢者の孫の世界はシンの活躍するための舞台であり、人々はシンを称賛し気分良くするための存在であるという認識です。

ただ、いくらそう思ってはいても幾つか突っ込みたいという欲求を拭えないポイントが出てきてしまいます。

そういった部分をちょっとこのネタバレありの感想で発散させてもらおうと思います。

現実世界から転生した意味があるのかとか、現実世界で過ごした時間と異世界で過ごした時間からすると精神的にもっと大人になってるんじゃとか、常識を学ばないのは無自覚にすごい力を使って称賛を受けるためだろとか細かい突っ込みを入れたいところは多々あります。

ですが、そういった細かい突っ込みところは脇に置いておいて、今回は魔神化したカートを倒した時についてです。

このカートという存在もテンプレートな嫌味な貴族キャラですし、シンとヒロインのシシリーのキューピッド役としての役割でしかなかったかわいそうなキャラでしたが、シン自体とはほぼ交流もなくシンがカートに対する思い入れをもつ時間もありませんでした。

そんなカートが魔神化して襲い掛かってきたので返り討ちにした訳ですが、そんな親しくもないカートを救えなかったことをシンが後悔する場面の描写は本当に酷くて思わず笑ってしまいました。

いやいや葛藤するほどのカートに対する思い入れなかったやんとか、一閃して首刎ねてるし殺意満点の攻撃しておいて何悔やんでんだとかもあります。

人を殺したことを葛藤するシンかっこいいし優しさ半端ないって描写するための葛藤にしか見えず、シンが心から悔いを残しているように全く見えなかったのが凄いです。

その後、カートが殺されたことで騒動が収まり周囲に人が戻ってきたところはコメディが極まってましたね。

シンがカートを救えなかったことを葛藤している描写だけはあるのに、元々カートを知っていて付き合いもかつては有った人たちが、全くカートが死んだことを痛ましく思わず、あっという間にシンの剣技や魔神を倒したことを称賛する流れになったのは笑ってしまいましたよ。

カートを救えなかったんで後悔している俺カッコいい、周囲の称賛を受けても救えなかったことを後悔している俺すげええにしか見えないのは、読んでいる私の心が歪んでいるからなのかしら。

カートとの戦闘シーンと戦闘後のシーンはページ数はさほどありませんが、『賢者の孫』という作品の突っ込みどころの大半の要素はここに詰まっていると思います。

次巻『賢者の孫 2巻』ではいったいどんな我慢できない突っ込みどころがあるのか、ちょっと楽しみです。

シリーズ感想の索引

賢者の孫 1巻 常識破りの新入生 感想

お勧めの作品

今回のお勧めは『ドラえもん(21) (てんとう虫コミックス)』です。

『賢者の孫』を読んでいて思い浮かんだのが『ドラえもん(21) (てんとう虫コミックス)』に収録されている「行け! ノビタマン」でした。

のび太は地球に戻りましたが、シンは地球に戻ることは無いだろうな。

ドラえもん(21) (てんとう虫コミックス)
小学館 (2015-07-15)
売り上げランキング: 29,111
スポンサーリンク
メタ情報
スポンサーリンク