転生したらスライムだった件 8巻 感想 ネタバレ あらすじ

転生したらスライムだった件 8巻のネタバレありの感想になります。坂口日向との誤解もとけ和解に成功したリムルの次の目標は、テンペスト開国祭です。祭りに向けてリムルとテンペストの住民たちが楽しみながら準備を行います。武闘大会や地下迷宮作成と面白くなる要素満載でリムル達だけではなく、読者の気分も高まること請け合いの内容です。

転生したらスライムだった件 7巻 感想 ネタバレ あらすじ

転生したらスライムだった件 7巻のネタバレありの感想になります。クレイマンを打倒し、“八星魔王”の一柱になったリムルの次の目的は、ファルムス王国の傀儡化と坂口日向との和解です。どちらの目的も達成できるかと思われましたが、その目的を妨害しようと暗躍する不審者の影が。坂口日向との戦いは激闘ではありますが、その中に爽やかな雰囲気を感じる一戦でありますね。

セブンス 7巻 感想 ネタバレ あらすじ

セブンス 7巻のネタバレありの感想になります。グリフォン退治に決着がつき、ひと段落していたライエルたちの前にセレスが立ち塞がります。ライエルにとっての因縁の相手である妹セレス、彼女と再会したことで遂にライエルは一つの目標を定めます。

ゴブリンスレイヤー 4巻 感想 ネタバレ あらすじ

ゴブリンスレイヤー 4巻 のネタバレありの感想です。今回はゴブリンスレイヤーさんとその周辺の人物の日常をメインとした短編集です。周辺人物の掘り下げが行われてより親近感がわきますね。もちろん周辺人物たちとゴブリンスレイヤーさんとの絡みが必見の内容です。

転生したらスライムだった件 6巻 感想 ネタバレ あらすじ

転生したらスライムだった件 6巻 のネタバレありの感想になります。遂にクレイマン戦が決着です。これまで数々の敵対行為を企ててきた相手を倒し、リムルが魔王として認められる時が来ました。魔王たちの集いに乗り込むリムルと、クレイマンの軍勢を打破に向かうベニマルを始めとした仲間たちの戦いに興奮する一冊です。

転生したらスライムだった件 5巻 感想 ネタバレ あらすじ

転生したらスライムだった件 5巻 のネタバレありの感想になります。前巻クライマックスの気になる引き。その続きを読めることに喜びを感じますね。リムルに危機が訪れたのと同じ時期にテンペストに襲い掛かる悪辣な謀略、その謀略に傷つくテンペスト住民たち。リムルと仲間たちは窮地を脱して悪辣な敵に反撃できるのか?めちゃくちゃに面白い内容ですよ。

ゴブリンスレイヤー 3巻 感想 ネタバレ あらすじ

ゴブリンスレイヤー 3巻 のネタバレありの感想です。今回は辺境の街での収穫祭が舞台となり、ゴブリンスレイヤーさんとその周りの人たちの日常回と言った感じです。普段見慣れないゴブリンスレイヤーさんのデート姿が楽しめますよ。もちろん、ゴブリンたちとの戦闘もあり楽しめる一冊です。

転生したらスライムだった件 4巻 感想 ネタバレ あらすじ

転生したらスライムだった件 4巻 のネタバレありの感想になります。今巻はテンペストの内政とリムルの冒険者登録と学園の教師になるとエピソードが目白押しです。それぞれのエピソードは皆興味深く面白かったのですが、一番気になったのはクライマックスの戦闘シーンですね。これまでで一番のピンチをリムルは切り抜けることは出来るのだろうか?

りゅうおうのおしごと! 9巻 感想 ネタバレ あらすじ

りゅうおうのおしごと! 9巻 のネタバレありの感想です。今回もとても面白い内容でした。熱い対局に興奮し、天衣の成長に胸が暖かくなり、姉弟子の置かれた状況に痛々しさを覚えました。今年読んだライトノベルでは現状ベストオブベストの面白さです。ぜひ多くの人に読んでもらいたいな。

ロード・エルメロイII世の事件簿 8巻 感想 ネタバレ あらすじ

ロード・エルメロイII世の事件簿 8巻のネタバレありの感想になります。ついにロード・エルメロイII世の事件簿 最終エピソード突入です。シリーズの集大成ともいえる面白さです。時計塔の下に存在する迷宮の存在を巡りロードたちの思惑がぶつかり、ハートレスが暗躍します。それにしても最後の引きは凄かったです。

スポンサーリンク
メタ情報
スポンサーリンク
メタ情報
スポンサーリンク